mushimegane-2
探偵に不倫の調査を依頼するにしても、ある程度はあなた自身が不倫の調査をすることも大切です。
ですが、何をやってもいいわけではありません。法律的にやっていいことと悪い事があります。

やりすぎると、あなたが逆に訴えてられてしまうことになりますので、やっていいことと悪い事を確認しておきましょう。

携帯電話のチェック

これは、厳密に言えばプライバシーの侵害になりますが、同居の夫婦間の出来事でしたら特に何も問われることはありません。

プライバシーの問題よりも、不貞行為のほうが大きな問題ですので、問題になることはまずありません。

携帯電話をチェックして手に入れた証拠は、裁判などではきちんとした証拠として扱われますので安心してください。

スマートフォンのロック解除

夫が寝ている間に夫の指紋でロックを解除したり、手あたり次第暗証番号を入れてロックを解除するのであれば、問題ありません。(勝手にソフトなどをインストールして暗証番号を解析するのは違法となる可能性があります。

厳密に言えばプライバシーの侵害になりますが、同居の親族間で「不倫の証拠集め」という正当な理由があれば何も問題とならないことがほとんどです。
(ただし、レアケースで違法だと判断され、証拠として受理されなかったこともあります)

逆に訴えられたとしても、お金を取ることは難しいですし、レアケースでお金を取られたとしても10万円未満で終わります。

スマートフォンに無断でGPSアプリをインストールする

これは所有者に無断でやると不正アクセス禁止法にあたる可能性があります。
(夫に無断でアプリをインストールされた妻が夫を訴え、勝訴した裁判があります)

GPSは車につけるようにしましょう。

夫宛の手紙を勝手に開封する

これは親書開封罪に当たりますが、同居の夫婦間のことであれば、問題となることは少なく、証拠としても扱ってもらえます

ただし、別居している夫の家から郵便物を持ち帰ったり、不倫相手の家から郵便物を盗んだ場合は違法となりますのでやらないでください。

不倫相手の車にGPSを付ける

夫の車であれば、夫婦の共同財産とみなされますので問題になりません。

しかし、不倫相手など、他人の車にGPSを付けるのは違法です。
絶対にやめて下さい。

自宅や車に盗聴器を仕掛ける

自宅や夫の車に設置する分は、何も問題ありません。
不倫相手の家に仕掛けると住居侵入罪に当たりますのでやめて下さい。

友人に頼んで尾行してもらう

探偵業法で「依頼を受けた特定の個人の行動について調査し、その結果を依頼者に報告すること」は探偵業の届け出をしていない人がしてはいけないことになっています。

無償で1回くらい尾行してもらうだけならぎりぎりで大丈夫ですが、

  • 無償であっても何回も尾行を繰り返した場合
  • 尾行したのが1回だけでも、尾行してもらった人にお礼としてお金を渡した場合

この2つの場合は無許可で探偵業を営んでいると考えられ、違法となります。

また、尾行を頼んだ人が私有地に入ってしまった場合も、違法となりますので気を付けましょう。

探偵に尾行してもらう

探偵業の届け出をしている人であれば、

  • 尾行
  • 張り込み
  • 聞き込み

は正当行為とみなされ、違法ではありません。

ただし、探偵が私有地に入っていってしまうと、探偵さんが罪に問われることになります。
(このあたりは依頼者のあなたが責任を取るべき問題ではありませんので、気にすることはありません)

探偵に撮ってもらった証拠写真をばらまく

無関係の人に不倫の証拠写真を見せるのは、名誉棄損で逆に訴えられてしまうのでやめましょう。


不倫などの民事事件の場合は、証拠を手に入れた手段が違法であるかどうかを問われることはほとんどありません。

不倫相手に対していろいろと仕掛けるとまずいですが、夫に仕掛ける分にはほとんど問題ありません。
(ただし、これらは最終的に裁判官が判断します。弁護士によっても意見が分かれたりしますのでご了承ください。)

チェックされていることに気づかれないように気を付けて、調査を進めて下さい。

信用できる探偵社はこちら
☟☟☟☟☟

厳選!安心して相談できる探偵ランキング